【従姉と暮らした日々】幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた。従姉「私の家族は、もう君しかいないんよ」

1:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金) 22:40:00.10 ID:TSFSWWVI0
初スレ立てだから拙い部分もあるけど許してな

最近の自分語りスレのように

虐待やら貧乏生活やら過酷な人生ではないし、

山もないオチもないだらだらとした話になるから、

暇つぶしに読んでくれ。

2:いちじ ◆.RK0SmlnEImq :2011/10/21(金) 22:43:47.25 ID:TSFSWWVI0
スペック

都合上、仮のフルネームつけとく

俺 山下一次 現在17才高2

従姉 山下みよ 現在28歳事務員

幼心がついた時から、俺は従姉と二人で暮らしてた

とりあえず、俺の記憶を辿って書いていく

3:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金) 22:46:16.67 ID:TPxzq5dv0
聞いてやる(上から

4:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金) 22:47:04.82 ID:srQtfowl0
結構歳離れてるな

5:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金) 22:48:08.95 ID:F+2IcEyu0
はーやーくぅ。

7:名も無き被検体774号+:2011/10/21(金) 22:51:24.08 ID:j17ieh3M0
10歳と21歳か。

悪くない

9:いちじ ◆.RK0SmlnEImq :2011/10/21(金) 22:55:27.27 ID:TSFSWWVI0
みよ姉は教育熱心で、俺が小さい頃からとにかく読書を勧めていた。

小学校入学前にして、ひらがなだけでなく、

小1レベルの漢字も読めていた。

暗算有段者であるみよ姉は、俺にそろばんを教えてくれた。

出来がいいと心底褒めてくれて、

俺を撫でたり抱きしめたりして愛情をすごく注いでくれていた。

そんなみよ姉が大好きだった。

次ページへ続きます