【年下男に求愛され続けてた話】出会ったのは、私が中2、彼が小5の時。私「一緒に帰ろう」突然後ろから声をかけられた彼は・・・

1:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 01:58:48.96 ID:qz16+yn70
出会って十年は経つし、会話とかはうろ覚えなんで多少脚色しますが

少し長くなりそうなんで、覚えてる限りのエピソードしか書かないつもりですが、

私が途中で飽きたらすみません

あと文才ないんで読みにくかったらすみません

2:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 01:59:10.90 ID:uP2r3YzC0
あかん

4:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 01:59:56.08 ID:f2Xm9cYn0
暇だから聞くよ

5:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 02:00:49.49 ID:yHkCoS2r0
スペックはよ

6:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 02:01:07.39 ID:qz16+yn70
だめですか(´・ω・`)

スペック

女24です

7:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 02:02:03.98 ID:yHkCoS2r0
続けたまえ

8:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 02:03:09.74 ID:qz16+yn70
私と彼が出会ったのは、私が中2、彼が小5の時でした

当時の私は学校が終わっても部活には行かず、町立の図書館に直行していました

その図書館は建設されたばかりで清潔感があったし、ビデオルームや雑誌コーナーもあったりして、

時間つぶしには最適だったんです

別に読書は好きでもなかったので、大概の時間は窓辺にあるソファーを独占して

雑誌を読んだり人間観察をしたりしていました

というか、図書館に通う中学生の私って文学少女みたい☆なんか異端でかっこいい☆とか厨二病こじらせてました

まぁそんな感じで人間観察してたら、よく見る顔ぶれってのがあって

その中の一人が彼でした

メガネをかけていて、小さめな男の子

身長が低いのでランドセルがとても重そうに見えたのが印象的です

10:名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 02:06:42.60 ID:qz16+yn70
彼はいつも私より先に図書館へ来ていて、閉館時間ぎりぎりまで本を読んでいました

(本って言っても漫画だったり地図帳だったり)

そして私が彼を覚えるようになった大きなきっかけが、住んでいるマンションが同じだったからです

私も図書館には閉館時間ぎりぎりまでいたので、帰る時間も帰る場所も彼と同じ

片方が数十メートル先を歩き、片方が先行く相手を追い越さぬよう絶妙なスピードで歩く

そんな暗黙の了解的な雰囲気が出来上がり、お互いなんだか気まずい帰宅時間が続きました

けれどそんな気まずい雰囲気を私が壊しにかかりました

元々人見知りではなかったし、何より夕焼けをバックに一人歩く少年の哀愁に、

いたたまれない気持ちになったからです

そう、彼はなんとなく悲壮感を漂わしている小学生でした

次ページへ続きます