カツ丼が食べたくなったので食堂に行ったら、相席になったおじさんが私の丼に箸をのばし「いやぁ悪いね」と私のカツを二切れかっさらっていった。

488: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)21:49:56 ID:tim
丼ものを食べるとき

私→ごはん大盛りでもごはんがなくなって具材が余る派(ごはん大好き&薄味人間)

会社の同僚(男)→ごはんが余って具材が無くなる派(濃い味派)

たとえばカツ丼を頼むとき、

私はカツが二切れあれば十分で残りのカツは食べにくい

でもご飯小盛りはあってもカツの小盛りってない

そんなときに助かるのが同僚

同僚は逆にご飯が余って困るタイプで、

でも並盛りじゃあお腹満たされないしという人で

お互い利害が一致した

丼ものを食べたくなると相手を誘って

ごはんと具材のシェアをするようになった

この前一月ぶりにお互いカツ丼が食べたくなったので食堂に行ったら、

次ページへ続きます