紛失したコサージュをA美ちゃんが使用していた→私「素敵ね、自分で作ったの?」A美ママ「まあ、ささっとね」手作りが得意そうなので、バザーの手作り係に推薦してあげたw

 

 

同じクラスのA美ちゃんの

上着に件のコサージュが着いていた。
(中心に使っているボタンが

私の古いスーツのだから、無くしたものなのは確実)
A美ちゃんママに、

それとなく「素敵ね、作ったの~?」と聞いたら、「まあね。」
「結構、大変だったんじゃない?」
「そんなこと無いわ。時間のある時にちゃちゃっとね。」「器用なのね。」

「うん、作るの好きだから」
トラブルになるのも嫌なので、小バッグ&コサージュは諦めました。
でも、、、、

次ページへ続きます