【店に黙って持ち帰った弁当を数日経ってから女性客Aの息子の嫁と子が食べて入院】京風居酒屋でバイトをしていたら、女性客Aの夫が店に乗り込んできた。⇒ 実は・・・

A夫「ここで食べたもので食あたりした!

ひどい下痢と嘔吐で嫁と孫(4歳)は入院までしている!

家内は付き添いで病院に行っているので私が家族代表で来た」

驚いて詳しく話を聞くと何だか辻褄が合わない

だって、幹事会があったのは水曜日・・・なのに、症状が出たのは金曜日の夜

第一、被害に遭っているのはA家息子の嫁と子で、

このふたりは店で食事してないんだけど(食事したのはA=家内)

結局わかったのは、

Aが水曜日の夜に出された料理の残りをお弁当箱に詰めて持ち帰ったこと

※ お弁当箱は個室の押入れから勝手に拝借

(たまに弁当注文があるので店にプラスチックの弁当箱を常備している)

つまり、お盆も過ぎてなお暑さの厳しい時期に店に黙って持ち帰った弁当箱の中身を数日経ってから家人に食べさせたことによる食中毒

次ページへ続きます