得意先の事務の子「これ、受け取ってください!」 俺「え?」アドレスと名前の書かれた紙切れを渡された。

17: 名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 22:22:50.88 ID:SFAmZ/Xk0
当時まだ新入社員だった俺は先輩から

「とにかく顔を覚えてもらうまで足を運びまくれ」って言われていた。

だから毎日得意先に通った。

毎日うさぎちゃんに挨拶した。

もちろん他のお客さんにも。

うさぎちゃんはほとんど毎日俺を無視してた。

19: 名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 22:25:37.14 ID:QdW4ofmtO
無視から始まることもあるのかww

20: 名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 22:25:55.52 ID:SFAmZ/Xk0
どれだけ元気に挨拶しても無視された。

なんだこの女って思ったな。

俺も意地になって毎日元気な挨拶してやった。

その度に無視される俺。

ここまでで3ヶ月くらい経過。

21: 名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 22:30:07.73 ID:SFAmZ/Xk0
「お世話になっておりますぅぅぅ」

「こんにちはぁぁぁぁ」

「こんばんはぁぁぁ」

毎日ニコニコしながら挨拶してんのに無視される俺。

先輩にそのこと言ったら

「あの子昔からいてさ、可愛いんだけどすげぇ愛想悪いんだよ」

って言ってた。

そうなんか、愛想あったら可愛いのに。

って俺は残念に思ったな。

23: 名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 22:33:14.22 ID:SFAmZ/Xk0
毎日朝と夕方の2回得意先に顔を出してるんだけど、

その日は夕方忙しくて、得意先に行く時間がかなり遅くなってしまった。

6時半とかだっかかな。

それで、俺は得意先まで歩いて行くんだけど、

その途中、赤信号の向こう側にうさぎがいたんだ。

俺は慌ててストパーでフォローしてる髪を整えた。

次ページへ続きます