【泣ける話】残念な顔面の俺は決してモテるわけではなかった。しかし・・・⇒ 【俺の彼女が最後に残してくれたもの】

10 :名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 21:43:43.31 ID:xW0UScGU0

俺には彼女がいました。

しかし、彼女はシャボン玉のように

どこかへ行きました・・・・

12 :名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 21:44:35.16 ID:xW0UScGU0

順を追って話していきます。

まず、これは俺の中学時代

17 :名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 21:45:41.18 ID:xW0UScGU0

はっきり言って残念な顔面の俺は決して

モテるわけではなかった。

しかし、

次ページへ続きます