fbpx  

「うわあぁああ!!」「でたあああああ!!」⇒【昔々、廃墟に探検に行くと本を読んでいる女性がいました】俺「なんで廃墟にいるんですか?」⇒

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/03(火) 22:44:39.91 ID:MdxcIM5x0
暇なら聞いてってくれ。

思い出しながらだから脳内補完が二割くらいあると思う。

ちなみにホラー話ではない

昔俺が通ってた小学校の近くにでかい廃墟があったんだ。

好奇心旺盛な小学生は興味津々で、お化けが出るとか誰かが殺されたとか根も葉もない噂にみんな目を輝かせてた。

小6の春、元気でリーダーシップのある友人がそこに行こうって言い出した。

俺は運動はあんまり得意じゃなくて、

小学生の頃は運動できる=かっこよくてクラスの中心だったからすみっこの方で本読んでるような奴だった。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/03(火) 22:51:29.66 ID:Ff+BhP4CO
PSPじゃ書きにくいから携帯に移動。

行くー!とノリノリな奴、怖いからやめとくと言う奴。

行こうって言い出した奴(K介としよう)はなぜか俺を気に入ってくれてたらしく、「お前も行くよな!」と声をかけてくれた。

昔からお化けは信じないタチだったからあまり興味はなかったけど断りきれず頷いてしまった。

結局6人集まり、放課後廃墟に向かった。

まわりは途中で木の棒を拾ってお化けが出たらやっつけようぜ!なんて言っていた。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/03(火) 22:59:11.34 ID:Ff+BhP4CO
廃墟は迫力があった。

草木で包まれ、錆びた門の残骸のような物があって、本当に何か出そうな雰囲気だった。

意気揚々だったみんなも静かになり、K介が恐る恐る進んで行った。

敷地であっただろう門を入った所は草が生い茂り、建物は見えなかった。

奥へ進み入口からは見えなかったところを覗いてみると、建物があった。

ドアがあったけど半開きで中は見えない。

誰が最初に行くかで少しもめた。

次ページへ続きます