fbpx  

【義父が残した遺言状】弁護士「次男2000万に対して長男600万」長男は同居していた5年間を持ち出して怒り心頭⇒ 弁護士「分配の理由などカセットテープに録音して残してあるそうだから、それを聞くように」義父「相続は○○先生(弁護士)に託した遺言状の通りではあるが、そのかわり・・・」

410: 名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火)11:05:39 ID:???
15年ぐらい前のことだが、義父が病死して少し経ったある日、義母から連絡があり
弁護士さんが連絡してきて、義父が残した遺言状を読み上げるらしいから集合と言ってきた。

そこには義父が残した遺産がひとつひとつ明記されていて、妻と子供たちにどう分配するかが書いてあった。

男ばかり4人兄弟(夫は3番目)だけど、長男夫婦は妻が義母と折り合いが悪く
結婚して5年ぐらい同居してたらしいがその後別居になり(私が結婚する前のことなのでよく知らない)
妻に遠慮して長男自身殆ど家に寄り付かない状態。

次男夫婦は夫の実家そばに家を建て、元々看護士だった次男妻は色々面倒看てたらしい。

うちと末っ子夫婦は隣県に住んでるので年数回帰省する程度だったので
相続について特に期待もなく、やらないって言うならそれでヨシ、
くれるっつーもんを貰うだけと言うスタンス。

うちと末っ子夫婦は割と仲が良いので、一緒に車で向かう途中にそんなふうに話をしてた。

でも長男と次男に関しては、もしかしたら揉めるかもねーとも。

案の定、

 

次ページへ続きます