fbpx  

【ストーキング】飲もうなどと電話が。彼女「今日は仕事で泊まりだから無理」おっさん「嘘だろ。昨日帰ってきてから外に出てないじゃないか」⇒ 俺に1本の電話が。彼女「例の奴が家に上がりこんできて困っている。早く来て」

361: 恋人は名無しさん 2003/12/27 17:33:00
もう2年前の話なんですが。

当時大学生だった俺は6歳年上の彼女と半同棲していました。

彼女は社会人で働きながら夢を追う(当時の俺には)立派な(に思えた)人でした。

付き合い始めて半年ほどしたある日、

2人で彼女のインコに餌やったりしながらマターリしていると、

彼女がポツリ、ポツリと最近の悩みなどを話し始めたのです。

俺は最近様子がおかしいしやはりうすうす何かあると思っていて、

「ついにきたか」という感じで神妙に聞いていました。

それが、なんと、

次ページへ続きます