40度近い熱で。受付婆「予約は?」俺「してません」受付婆「予約のない人は診ません。出ていってください!」⇒ 受付婆は、俺を病院から掴み出してドアを閉めた。⇒ 記憶が飛んだ。⇒ 目が覚めると・・・

660: 肺炎 2018/07/04(水) 22:19:49.79 ID:UzoAlaUX
15年ほど前に体験した話。神経が分からんスレと迷いつつ。

当時、T都H市に住んでいた俺は、

ある日、40度近い熱と凄い寒気、頭痛を始めとする体中の痛み、めまいと足下のふらつき、息苦しさで、頭の中も半分朦朧としていた。

コレはヤバいと、会社に休みの連絡をして、病院に行くことにした。

当時の我が家から最寄り駅まで約1キロ。

駅周辺まで行けばいくつか病院がある事は分かっていたが、

まだどの病院も行ったことがない。

そもそも、この状態で駅まで歩ける気がしない。

そこで思い出したのが、駅と我が家の中間辺りにあるK医院。診療科目として内科、胃腸科、小児科と書かれている。
俺は財布と保険証を握り締め、フラフラとK医院に向かった。

足下がふらつくし、そもそも具合が悪いので、多分、20分くらいかかってK医院に着いたときは、涙腺が緩みそうなほどホッとした。

医院の中に入ると、

次ページへ続きます