暗い道で。タクシーの運転手「乗って」俺「え、でも」運転手「初乗りでいいから」俺「はあ」⇒ 乗り込んだら、運転手「座席の前にしゃがみ込んで。俺がいいと言うまで動かないで」⇒ なんと・・・

49: 本当にあった怖い名無し 2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:Pxsdv1Zq0
大学生の頃貧乏旅行した時の話

半日電車に乗っていて深夜てっぺん近くに関西本線の某駅で降りた。

何もない田舎なんだけど翌朝行きたい史跡の最寄りだから

ここの近くのネカフェに泊まろうと思って調べたらネカフェあるにはあるんだけど、駅からちょっと遠いんだ。

仕方ないから重いショルダーバッグ担いで線路沿いの暗い道をよたよた歩いてた。

街灯がチラホラ立ってたんで真っ暗ではなかったんだが人通りも開いてる店もなくてちょっと怖かった。

15分くらい歩いていると先の方が林みたいになっていて木の影がたくさん見えた。

うわ嫌だなあと思ったが今更引き返せないし腹くくってそのま歩き続けた。

だんだん林が近付いてくる。

街灯もこの辺りには立ってなくて真っ暗。

だからそろそろ携帯のライトを付けなきゃなと思い始めた頃だった。

林の向こうからヘッドライトが見えた。

近づいてきてタクシーだと判った。

空車みたいだ。

手を上げようかと思ったが金ギリギリしかなくてネカフェまでいくらかかるか不安だったから迷った。

ああ通り過ぎちゃうと思ったら、

次ページへ続きます