【リア充だらけのカラオケ大会から、俺が泣いて帰ってきたお話】ある日、クラスで3番目くらいにリア充の太田から、カラオケに誘われ・・・

1:名無しさん@おーぷん: 2015/03/18(水)18:40:54dIe
俺はいわゆる陰キャラ。

教室の隅で寝てるふりしたり、

昼休みには校内散策に出かけたり、

授業中に当てられるだけで緊張で声が上ずってしまうよな、そんな人間だ

ある日、クラスで3番目くらいにリア充の太田から、カラオケに誘われた

太田「今週の日曜、6、7人でカラオケに行くんだけど、お前も来い」

2:名無しさん@おーぷん: 2015/03/18(水)18:41:273Xn
ほう

4:名無しさん@おーぷん: 2015/03/18(水)18:42:06tQc
ふむふむ

6:名無しさん@おーぷん: 2015/03/18(水)18:42:52dIe
なぜ俺なんかが誘われたか、これは後になってわかったことだが、

クラス担任から「>>1くんが馴染めるように、必ず今月中に遊びに誘いなさい」と命じられたそうだ

そんなことはもちろん知らず、誘われたこと自体に素直に喜んだ。

もちろん、それが気取られないように、内心で。

でも、

次ページへ続きます