【閲覧注意】広瀬すず17歳の時に撮影した映画がトンデモナイ。力づくで押さえつけられ号泣して〇される地獄絵図…(画像あり)

広瀬すずが17歳の時に取った映画が凄すぎる。

こんなことをしていたのか・・・とネットで話題に。

 

今では売れっ子女優だが、売れる前にはこんなことしていたのか・・・・。

 

広瀬すずー

姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ[3]

2012年8月に開催された『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」のグランプリに選ばれ、同誌専属モデルとして芸能界デビュー[4][5]。姉妹で『Seventeen』の専属モデルを務めることになった。同年には、天才!志村どうぶつ園でテレビ初出演(姉と共に出演)をしている。以降も、姉とはテレビやイベントで度々共演している。12月、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ高校講座」のCMに起用され、CM初出演。

2013年4月期ドラマ『幽かな彼女』(関西テレビ)で女優デビュー[6]。9月に公開された映画『謝罪の王様』でスクリーンデビュー[6]。11月には山下達郎の「クリスマス・イブ(30th Anniversary Edition)」ショート・フィルムで初めて主演を演じた[7]

2014年4月、大塚食品「MATCH」のCMで姉・アリスと姉妹初共演[7]。11月、第93回全国高等学校サッカー選手権大会の応援マネージャーを務めることが発表された。

2015年1月期ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演。1月に発売された『Seventeen』3月号では姉・アリスと2ショットで同誌史上初となる姉妹で表紙を飾った[8]。同年5月、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され[9]、公式上映に出席した[10]。7月に公開された劇場版アニメ『バケモノの子』において、声優初挑戦[11]

2015年度は、映画『海街diary』での演技が高く評価され、数多くの映画賞で新人賞を総なめにした。

2015年の「タレント別テレビCM広告主数ランキング」(ビデオリサーチ調べ)で首位を獲得[12]

2016年3月公開の『ちはやふる』で映画単独初主演[13]

2016年度は、第40回日本アカデミー賞において『ちはやふる -上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞をダブル受賞[14]。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待される俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した[15]

2017年3月、高校卒業後は進学せず、女優業に専念することを明かした[16]

2017年8月公開のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』で声優初主演。劇中歌の「瑠璃色の地球」(松田聖子のカバー)でCDデビューを果たす[17]。同年9月、出演作『三度目の殺人』が第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され[18]、公式上映に出席した[19]

2017年の「タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、上半期起用社数で男女合わせて単独首位を獲得[20]。また、年間CM起用社数(エム・データ調べ)でも1位となっている[21]

 

 

衝撃の画像はこちら!!

次ページへ続きます