【9年間に渡るメンヘラとの戦いを書いていく】始まりは俺が高校二年のころだ。俺はバスケ部に所属していたんだが、やつも女子バスケ部に所属していた。便宜上、やつをAとする。 Aは・・・

1:名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:12:30.12 ID:gRlmCOqV0
少し長くなりそうだが、やっと決着がついた。

愚痴のようなものだが、聞いてくれ。

2:名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:21:56.68 ID:gRlmCOqV0
人がいないか・・・。

需要はないかもしれんが、だらだらと書いていこう。

始まりは俺が高校二年のころだ。

俺はバスケ部に所属していたんだが、やつも女子バスケ部に所属していた。

便宜上、やつをAとする。

Aは当時高校三年生で引退を間近に迎えており、かなりかわいい部類に入る女の子だった。

かわいい系というべきか、身長は低くてよく笑う子だった。

部活内どころか、学校内でも有名な方だったのではないだろうか。

とにかく俺を含めた男子バスケ部員にとっては憧れだった。

俺の高校ではバスケ部は男女でコートをハーフで分けて使っていたから、

練習中に目が合うことなんてザラだったんだが、

それだけでも優越感に浸れたものだった。

そして、ある日Aからメールが入ったんだ。

次ページへ続きます